「虫歯」を知り、適切な治療・予防を

「歯が痛い」「しみる」といった症状で気づく虫歯。多くの方が、治療を経験されているのではないでしょうか? しかしその反面、虫歯について理解されている方は多いとはいえません。こちらはでは虫歯の原因や治療について、くわしくご紹介します。「虫歯」を知り、適切な治療や予防を進めましょう。

虫歯の原因は何?

虫歯とは、次の3つの原因が重なり合って発症します。

虫歯菌プラークに棲みついています。 糖分虫歯菌は糖分をエサにして酸を出し、歯を溶かします。 歯質歯質が強い人と弱い人がおり、虫歯リスクが異なります。

時間の経過

虫歯の発症

虫歯は、「糖分のとりすぎ」「食生活の乱れ」「歯みがき不足」などによってつくられてしまいます。また、歯並びや咬み合わせが乱れていると、歯みがきがしにくくなるため、環境はより悪化してしまいます。虫歯を予防するには、こういった状況を招かないよう、食事やおやつの内容、また生活習慣などに注意することが大切なのです。

虫歯の進行段階と治療法

進行段階 状態 症状 治療法
C0
ごく初期の
虫歯
歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白くにごっています。まだ痛みなどの自覚症状はありません。 正しい歯みがきやフッ素塗布によって治るケースもあります。
C1
エナメル質の
虫歯
エナメル質がさらに溶け、黒ずみが見られます。冷たい物がしみることがありますが、痛みはまだない状態です。 虫歯になった部分を削って詰め物をします。
C2
象牙質の
虫歯
エナメル質の内側にある象牙質に進行した虫歯です。冷たい物や甘い物がしみたり、痛んだりすることがあります。 虫歯になった部分を削って詰め物をします。
C3
神経に達した
虫歯
歯の内側の神経にまで進行した虫歯です。何もしなくてもズキズキと激しく痛みます。 「根管治療」という神経を取り除いて薬剤を詰める治療を行い、被せ物をします。
C4
歯根に達した
虫歯
歯根にまで進行した虫歯です。歯冠部分がほとんどなくなります。神経が死んで一旦痛みはなくなりますが、膿がたまると再び激しく痛みます。 ほとんどの場合抜歯となります。抜歯後には、入れ歯やインプラントによる治療を行います。

痛いのが苦手な方へ

虫歯治療には痛みがあることがあり、それがどうしても苦手だという方もおられます。当クリニックでは患者さんのご希望や症例によって適切な麻酔を行って治療を進めますが、それでも不安がぬぐえないという場合には、よりリラックスできる麻酔を用いることも可能です。痛いのが苦手な方は、どうぞお気軽にその旨をお申し出くださいね。

「リラックス外来」についてはこちら

いわなが先生からの一言 ~虫歯にならないために~

「歯をみがいている」と「みがけている」の違い、わかりますか? 虫歯にならないためには、毎日「正しい」歯みがきを続けていかなくてはなりません。

そこで当クリニックでは、一人ひとりのお口に合った正しい歯みがき方法の指導を行っています。上手なケアのコツは、1回ではなかなか覚えることは難しいもの。定期検診に来られたときなどに、徐々に覚えていっていただければと思います。

また、虫歯の治療は早めが肝心です。痛くなったり、気になる部分があったりしたら、できるだけ早目に相談してくださいね。

口腔外科のご案内

外科的治療を行う口腔外科

口腔外科は顎関節や舌、唇、口の中の粘膜など、歯の周りの疾患を専門的に扱う診療メニューです。親知らずの抜歯や口腔内のできものの切除など、外科手術が必要な症例にも対応。インプラント治療など手術を伴う診療も口腔外科の一種と言えます。

口腔外科にかかる主な症状

親知らず
親知らず
20歳前後に歯列の一番奥に生えてくる歯です。正常に生えることが少ないため、抜歯が必要なケースがあります。
インプラント
インプラント
歯を失った部分の顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を取り付ける治療です。天然歯に近い見た目と機能を得られます。
根管治療
根管治療
根管内にまで虫歯菌が到達した場合に、根管内の神経や血管などを取り除き、洗浄・消毒をする治療です。
口が開かない、顎を動かすと音がするなどの症状があったら、顎関節症の可能性があります。顎を正しい位置に戻す治療を行いましょう。
顎関節症
顎関節症
口が開かない、顎を動かすと音がするなどの症状があったら、顎関節症の可能性があります。顎を正しい位置に戻す治療を行いましょう。

当院で口腔外科を診療する2つのメリット

メリット1「子どもの口腔内のケガにも対応」

遊び盛りなお子様はなにかとケガがつきものです。遊んでいる最中の事故や転倒などで口の中を切ってしまうケースもあります。当院では、近隣に小学校や保育園などが多いこともあり、口腔内をケガしたお子様の治療をするケースがよくあります。突然のアクシデントなどでお子様が口の中を切ってしまった場合は、当院までご相談ください。

メリット2「口腔外科の先生が診療を担当」

当院では、口腔外科の先生も在籍しております。症状が比較的軽い症例の患者様に関しては院長が担当しますが、難症例を抱えた患者様の場合は、より専門知識がある口腔外科の先生に診療をお願いしています。他の医院で難しいと言われた埋没した親知らずの抜歯などにも対応できますので、ご予約の際に口腔外科の先生をご希望の旨をお伝えください。相談からご予約承っています。

ページのトップへ戻る